Author: notohiro

Apple Watchを初代からSeries 4に買い換えて思うこと

はじめに 製品自体のレビューは世の中に山程あるので、そちらにおまかせしたい。2015年4月24日の発売日に初代Apple Watchを購入し、3年半ほど使い続け、Series 4が出た2018年9月21日に買い替えた本日、思うことを書きたいと思う。 デバイスの進化がもたらすもの 月日が経てば当然、デバイスが進化する。処理能力が上がり、画面サイズが大きくなり、薄くなり、軽くなり、バッテリーは長時間持続し、センサーは進化し、Apple Payなどの機能が追加される。正直なところ、これらの進化は純粋に嬉しい。 初代を使い続けてきた身にとって、Series 4の処理能力は驚異的なものだった。すべての動作が10倍速で動いているような気がする。これまでApple Watchでアプリを使うなんて、日常の選択肢に入らなかったが、これなら使えるし、使いたい。Apple Payの追加も感動が大きい。腕時計で買い物ができる。家のドアが開く。 初代のApple Watchは、自分にとってiPhoneの子機の子機で、プラスちょっとしたおしゃれアイテムくらいでしかなかった。Apple Watchでアプリを開くことは苦痛なこと。だから通知を見るもの。天気を確認するもの。たまにバンドやフェイスを交換して色や見た目を楽しむもの。 その概念が全く変わりそうな予感がしている。Apple Watchを触ることが楽しい。Apple Watchでなんでもやりたくなってくる。3年半がもたらしたデバイスの進化は、そんな気持ちを起こさせるものだった。 ソフトウェアの変化が示すもの この3年半で、Apple Watchのソフトウェアも大きく変化している。毎年と言えるほど、主要な機能の入れ替えが発生していた。たとえば、初期リリースで大々的にアピールされたFirends機能。 watchOS 3ではサイドボタン機能がDock機能に変更となり、1年半で主要ボタン2つのうちの1つの機能が消えた。 Glancesも消えた。かつてはwatchOSへのアプリ実装方式は2通り(正確には3通りだが)あった。そのうちの片方が削除された。 アプリケーションの実行形式も変化した。watchOS 1では、Apple WatchのアプリケーションはiPhone上で実行されていた。知らない人には何を言っているのか意味がわからないと思うが、そうだった。それはかつて、Apple Watch本体の処理能力が十分でないことを補うための実装だったが、watchOS 2から、Apple Watch上で実行する形式に変更された。 自分の観測範囲で見る限りでも、売りとしていた機能から、ソフトウェアの基礎となる部分まで、わずか3年半の間にドラスティックな変化が行われている。これは、Appleという巨人でさえ、迷って悩んで、トライアルアンドエラーを繰り返しているということ。この姿勢は大いに学びたい。 何に使えるのか? 性能がよくても、変化しても、ソフトウェアがなければただの箱だ。その意味で、Apple Watchはただの箱になりつつある。Apple Watch用のApp Storeはいつ見ても変化に乏しいし、実際問題、ほとんどがスケジュールか天気かメモか交通のどれかだ。 そうじゃない、俺はもっと「未来的ななにか」にこいつを使いたいんだ。でも結局のところ、その「未来的ななにか」は、Apple Payだったり、セルラー機能なのかもしれない。時計で支払いが出来る、電車に乗れる、家の鍵が開く、電話がかけられる。 入力デバイスとしてできることが乏しいからこそ、ハードウェアの進化と共に提供される機能の重要性が高いように思う。 自分にとってApple Watchとは 未来デバイスだ。初代の購入時から、今まで、自分がApple Watchに期待することは、未来感。こんなちっこいヤツでこんなことまで出来ちゃうんだ、という感覚を、ずっと求めてる。初代からSeries 4への買い替えでは、その期待に十分に応えてもらった。 また3年後、Appleが見せてくれる未来感を楽しみに、Series 4と過ごしたいと思う。

Money Forwardを試してみたら最高だった3選

Money Forwardとは? Money Forwardとはアグリゲーションサービスの1種で、各種サービスでのお金・証券・ポイント等の残高・取引を一括して確認できるものです。詳細については公式ページ等を見てみてください。 Money Forwardのよかったところ ポイント1:Amazon.co.jpと接続ができる! Money Forwardを利用して一番感動した点がAmazonと接続できる点です。この機能の重要性を理解してもらうため、まず最初にAmazonと接続できないとどうなるかを紹介します。下記はAmazonと接続が出来ないMoneytreeという類似サービスでみた、Amazonでの買い物のクレジットカード明細です。 「アマゾン シーオージェーピー」という情報しかなく、何を買ったのかわかりません。そのため、品目がGroceriesに分類されてしまっていますが、本当にこの分類が正しいのかわかりません。 また、正しい分類をするために、Amazonに直接ログインして566円の買い物を探そうとしても、実は買ったものは566円の品物ではなく、手間がかかる上に混乱します。 1,2明細ならまだよいですが、日々の買い物をAmazonに頼り切っている生活スタイルのため、手作業が多くMoneytreeの利用は長続きしませんでした。 そして次の画像が、先程と同じ購入についての明細をMoney Forwardでみたものです。 Moneytreeと違いAmazonの明細が出ていますので、品物名からの自動分類がかなり的確に行われます。たとえ間違っていたとしても、Money Forwardの画面上だけで確実な分類が出来ます。 更に、クレジットカード明細側は自動で振替扱いとされ、全体の支出として二重計上されないようになります。最高すぎます。この機能は本当に感動しました。 ポイント2:お金をグルーピングして管理できる Money Forwardではお金をグルーピングして管理することができます。詳細はこちらで詳しく解説されていますので、是非ご覧下さい。 グルーピング機能で実現できることのポイントは下記になります。 1つのアカウントで家庭全体の収支管理をしつつ、夫婦別々の家計、予算管理ができる 確定拠出年金等を管理しつつ、普段の確認からは除外する 運用資産成績だけ抽出して管理する 事業用・生活用で分けてお金の流れを管理する 確認したい観点を即座に切り替えながら管理できるこの機能も、お金の管理には無くてはなりません。私は、生活資金 / 資産運用 / ポイント・マイル / 年金グループを作成し、下記の様に運用しています。 普段は生活資金グループをメインにMoney Forwardで管理 資産運用は証券会社のページ/アプリで確認 家計全体の推移/集計はMoney Forwardで全資産を表示 ポイント3:予算管理がやりやすい 予算管理がやりやすいのもMoney Forwardの素晴らしいポイントです。まずは、予算設定の画面です。 下記の進め方で予算を設定するとスムーズで、家計簿管理(明細のカテゴリ設定)が終わっていれば、10分程度で出来てしまいます。 手取りを設定 固定費はほぼ毎月変わらないので、先月実績から設定 変動費を、先月実績(場合によっては明細を確認しながら)と似たユーザと比較しながら設定 月の貯蓄額が目標金額になるように変動費を調整 予算に対する進捗の確認ももちろんやりやすく、私は特にiPhoneでの進捗確認が気に入っています。 画面上部のグラフで、ひと目で予算に対しての現在の状況がわかりますし、内訳で変動費のみの状況がわかります。今月は変動費が少々(?)予算超過してしまっているようなので、内訳を確認してみます。変動費をタップすると次の画面に移ります。 この画面で、予算に対してどれだけ使っているか、予算項目ごとに確認できます。どうやら食費を使いすぎているようです。このまま食費をタップして明細を確認することもできますが、中分類ごと表示できるCashFlowタブが見やすいのでそちらに移ってみます。 予算超過の原因が判明しました。どう考えてもお酒の飲み過ぎです。タップして明細を確認してみます。 ・・・エノテカの餌食になっているようです。 というように、予算設定から進捗の確認、分析がやりやすく出来ています。結局超過してるから意味ない・・・ということはなく、項目ごとに根拠をもって予算を立てて、状況を把握しながらお金を使う(時には使いすぎる)ことが重要だと思います。 おまけ:iPhoneアプリが使いやすい iPhoneアプリの画面はポイント3で紹介した通りですが、とにかくiPhoneアプリの使い心地が良いです。見たい情報が、整理されて見やすく、見たい順番に表示されます。素晴らしいの一言です。 お金のことは毎日の事なので、特に携帯端末から使いやすいか?はこういったサービスでは重要な事だと思います。 有料会員の価値はあるか? まずは機能面ですが、このサービスを使い始めたら、遠からず有料会員にならざるを得ないと思います。 11件以上の金融機関と連携 一括データ更新機能 グループを2つ以上作る 特に上記3つのプレミアム機能は、Money Forwardを使って本気でお金管理する上では必須です。11件も金融機関必要ない、と思うかもしれませんが、おそらく必要になると思います。私は19件、内訳は下記の通りで、一般的な使い方だと思います。 銀行2件(生活資金・住宅ローン) 証券会社1件 年金1件 クレジットカード8件 電子マネー3件(スタバ・nanaco・モバイルSuica) マイル2件(JAL・ANA) 携帯電話 Amazon 金融機関の数が増えるほど一括更新ボタンの重要性は高まりますし、グループ機能も必要になります。 そして有料会員費月額500円についてですが、1000円以上払っても良いと思うほど、価値を感じています。プレミアム機能の紹介ページにある「月平均2万円の家計改善を実感」は少々疑わしい所もありますが、ここまで手間なくお金の流れが綺麗に可視化されれば、私は間違いなく家計改善できると思います。というより、したくなります。家計改善の実績+モチベーション励起料として、500円は安すぎるくらいです。  

Jabra Elite Sport 国内最速レビュー

はじめに 今回はJabra Elite Sportです。製品のページはこちらになります。私は予約開始直後に申し込んだので手に入りましたが、人気が高いため今は在庫切れで入荷待ち状態になっています。転送サービスを使って一足先に手に入りましたので、国内最速(notohiro調べ)レビューをしたいとおもいます。 日本でも2017/01から発売するそうですが、USだけでも在庫が足りていない状況で、どれだけの人が手に入れられるのかは・・・少し心配ではあります。

ARTIFOX DESK 02

はじめに 記念すべき第1号レビューはARTIFOX DESK 02です。公式ページはこちらです。一目惚れで購入しました。

notohiro View

このブログについて このブログでは、私が「使ったものについて感じたこと」や「自分なりの考え」を、notohiro視点で紹介していこうと思います。特に、世の中にあまり出回っていないこと、日本で出回っていないことを中心に、ニッチなところを攻めていきたいと思っています。